....ポチッ 右斜め上 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへと押していただけると
気合いが入ります!わーい(嬉しい顔)
にほんブログ村
2015年03月24日

レイアウトボード作製 その11(サブテレイン固定篇)

「サブテレイン」での勾配。

仮固定で塩梅を見ながら、固定位置に印を付けます。

さて、固定をどうするか。

接着剤はこれ。
ktsDSC_3740.JPG

木工ボンドの王道「コニシ 木工ボンド」で充分スタイロフォームや発泡スチロール(注:どちらも同じ材料系なんですけどね。)がくっつくのはテスト接着で確認済み。
しかし、この「パワーエース 速乾アクリア」の方が、材料の適応材が多く、少し応用が効きます。
ま、ちょっと高いんですけどね。

そして、ここで強い味方。
ktsDSC_3745.JPG
「グルーガン」。
「ホットボンド」や「ホットメルト」とか、いろいろ言い方があるようですが、どうしましょう。
以降「ホットボンド」で統一。

「速乾アクリア」を塗布した後、仮押さえしていたまち針で固定でも良いのですが、もうちょっと微調整しながらバッチリ固定したいって時に、「ホットボンド」が便利です。
このダブル接着剤状態で微調整と速乾。

ktsDSC_3746.JPG
接着面でももちろん使えますが、隙間に盛ることもできます。位置決めなどはこれでも行けますね。
ktsDSC_3747.JPG


隙間に適当に注入しています。

「速乾アクリア」がいくら速乾を謳っていても、「ホットボンド」の固定時間には敵いませんから、適材適所で組み合わせて使えばOKです。

ちなみに、「ホットボンド」って最近まで我が家周辺の百均でも見かけていたのですが、いつの間にか消えました。
安かったので試しに買ったのですが、ガン本体の性能が低く、売ってるスティックも少々扱いが難しい代物でした。
小型タイプであれば定評のある製品が専用スティックとまとめて買っても千円ちょっとからで売っていますので、そういうのを選んだ方が良いです。

今回は上の写真にある「SK11 ピタガン GM-100」を使っています。
ちょっと付属のスタンド部分が頼りないですが、使い勝手は良いです。

私のやる気スイッチ!
ポチッとおねがいします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ



posted by こたちゃん at 21:00 | Comment(0) | レイアウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最後にポチッ 右斜め上 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへと押していただけると
気合いが入ります!わーい(嬉しい顔)
にほんブログ村