....ポチッ 右斜め上 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへと押していただけると
気合いが入ります!わーい(嬉しい顔)
にほんブログ村
2015年05月27日

Tomix TCS自動踏切U その1(購入篇)

若干話が前後しますが、続けます。

私の作業は止まってる時間が長いんですが、動き出すとそこそこ早いです。
考えている時間が長いタイプ。

や〜っと駅前の状況が固まってきたので、それに付随する道路も決まってきます。

道路、つまりアスファルト路面なのですが、さてどうやって作るか。

30年前の前作では紙ヤスリを貼っていました。
真新しい舗装っぽく見え、お値段的にも安上がりで良かった部分もあるのですが。
白線が上手く描けなかったんですね。テープは張り付かないし、まして塗装も難しいし。
そして、そのうち端から反って剥がれてきて・・・。

30年の進歩は凄まじい。
なんと、貼るだけで簡単に道路が出来てしまうテープまで売っています。
まあ、さすがにこれでは思うようには道路を配置出来ません。

各社から歩道のストラクチャーが売っているんですが、あれは道路形状が直線しか表現出来ません。
上手く思惑と一致すれば便利なんですが、ピタッと目的に沿うモノが無いですねぇ。

せっかくエアブラシも新調したことですし、塗装でそれっぽく仕上げることに。
プラ板の貼り合わせで歩道も含めて作ってしまいましょう。

と、ここまで考えて、早速プラ板切り出そうかと思った矢先に思い出しました。

あ〜、踏切。

そうなんです。
今回は念願の「Tomix 自動踏切U」を採用するつもりでした。

ということは。
ある程度、色とかサイズとか、合わせておかないといけませんね。

この時期、1年で一番懐が寂しい頃なんですよ。(汗)
高いのをいろいろ買っちゃった後ですし。
ktsDSC_4237.JPG
ま、でも買っちゃうんですけどね。(爆)
ktsDSC_4246.JPG
設置場所は、立体交差の下付近。
上にトラス鉄橋が来ちゃうんですが、どうなのかなぁ。
でも、この場所しか無いんですよね。
複線の本線が2周している故、多くの部分で3〜4線が並走しています。
自動踏切1セットでは複線までしか対応していません。
仮に2セット用いて複々線対応にて設置しても、通過頻度が倍になるわけで、鳴りっぱなしになりかねません。

だったら、無理に設置しなきゃ良いじゃないか、という話ですが。
欲しいものは欲しいんですよ!(笑)

早速、置いてみて検証。
カーブレールでも設置出来ますが、カント付きは対象外。
でも、カント付きレールの立ち上がり部分にセットします。

路面板はカーブ形状のものもあるので、大がかりな加工は要りません。
但し、ワイドPCレールに使う場合は、高さ調整で裏を少し削らないといけません。
ktsDSC_4241.JPG
ktsDSC_4244.JPG
写真ではわかりづらいですが、レール面より0.3mmほど路面が高くなっています。
これではクリーニングカーが走ったら道路削っちゃいますし、スノープロウ付き車両だとぶつかりかねません。
地道に裏を削って、高さを合わせ込みます。

紙ヤスリをテーブルに置き、ひたすら擦っては合わせ込んで、大凡レール面より0.2mmほど低くできました。
ktsDSC_4245.JPG
現物があるので、この色合いとサイズを意識しながら他の道路部分を作ることになります。
が・・・。

私のやる気スイッチ!
ポチッとおねがいします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ



posted by こたちゃん at 21:00 | Comment(0) | レイアウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最後にポチッ 右斜め上 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへと押していただけると
気合いが入ります!わーい(嬉しい顔)
にほんブログ村