....ポチッ 右斜め上 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへと押していただけると
気合いが入ります!わーい(嬉しい顔)
にほんブログ村
2015年08月22日

はじめての鉄コレ動力化

今日は道路側のアイデアを練っている時間に気分転換を。
現実逃避ではありませんよ。

買ったまま山積みになっているゾーンから、鉄コレをサルベージ。
動力化してみました。

ktsIMG_0317.JPG

「鉄道コレクション 京阪電車大津線700形2次車「けいおん!」ラッピング2両セット」

です。

これ以前に購入したことがあるのは銚子電鉄の車両で、まさにシリーズの第一弾です。
ずいぶん昔の話ですね〜。
以降、鉄コレがこれほどまでにバリエーション展開していくとは想像出来ませんでした。

で、久々の購入がラッピング電車。
30年前の基準で見てしまうと、驚きの印刷技術です。
華やかで良いじゃないですか。

車体のセット以外に買ったのは、動力車T車用の走行化キットパンタグラフです。
全部買うとそれなりのお値段です。
これでライト類が付けば完璧ですが、そういう事にはならないようですね。
そう考えると、むしろ割高感が。

さて。
ktsIMG_0318.JPG
ボディは軽く膨らませれば床が外れます。
アッサリし過ぎて不安になるほどです。

代わりに用意するのは動力ユニットです。
鉄コレのシリーズ、それぞれのサイズに合わせた動力が売っています。
ktsIMG_0319.JPG
今回はTM-20。
台車数種類、カプラー、車体延長パーツが入っています。
驚きましたねぇ、フライホイールが入ってる
ktsIMG_0321.JPG
床下の機器は動力車の床下へ移植します。
これもちゃんと位置決めされていて、填めるだけです。
次は台車ですね。同じタイプの台車パーツを選んで填めます。
前後の向き注意。

シャシーの延長パーツ。
ktsIMG_0324.JPG
車体側の長さに合わせるための微調整です。

全面のスカートとダミー連結器はそのまま動力車の車体延長パーツへ移植です。
ktsIMG_0322.JPG
前後長を微調整するパーツが入っていますので、指定パーツで填め込むだけです。

カプラーも元のは簡易なモノでした。
しっかりとしたアーノルドカプラーへカプラーポケットごと装着。
ktsIMG_0326.JPG

形になりました。
ここまでは順調。

ktsIMG_0325.JPG

車体に填め込みました。
下が元々付いていたシャシーです。
ktsIMG_0327.JPG

チョロい。楽勝だ。
だがしかし。
ktsIMG_0328.JPG
何かおかしい。
台車と乗務員ステップが接触しています。

シャシパーツに前後方向のガタがありました。
つまり車体よりシャシが若干短い。

ktsIMG_0329.JPG
動力ユニットを車両後方に目一杯ずらしてみます。
これならば接触しません。

う〜ん、指定の床延長パーツを付けたんですが?
ktsIMG_0330.JPG
前側の床延長パーツを一つ長いタイプに交換しました。
ガタが消えて位置も良い感じに。

さて、手慣れたついでにもう1両T車の床を改造します。
ktsIMG_0331.JPG
交換するのはプラ車輪と簡易のカプラー。
そして、車内にはウエイトを追加します。
ktsIMG_0334.JPG

ところで、カプラーはT車のセットにはグレーのパーツが入っていました。
ktsIMG_0332.JPG
動力台車には黒のパーツ。
床下もグレーなので、揃えるならグレーですが、黒をチョイス。
デカイカプラーなら目立たない方が良いかと。

車体に填め込み、こちらもOK。
ktsIMG_0333.JPG
一旦、ここまでで問題がないことを確認しました。

次は屋根上です。
ktsIMG_0336.JPG
パンタグラフを精密なタイプへ交換します。
意外と固かったので無理に引っ張らずに車体内部から押し出しました。
ktsIMG_0335.JPG
元のパンタグラフが2本足。
装着するパンタグラフは4本足。
ktsIMG_0337.JPG
穴位置もあってるし、填めて終わりです。
ktsIMG_0339.JPG
甘くなかった。(笑)
穴の径が合いません。
がばがばで、すぐに外れます。
今後修理することに備えると、接着固定は避けたいところですが、面倒なので固定しちゃいました。

さらに難関か。
赤い方の709番には無線アンテナが装着出来るようになっています。
ユーザーで取り付け穴を開けろと。

仕方ないなぁ。

手順に倣い、ボディーパーツの分解に入ります。
ktsIMG_0340.JPG
アッサリ外れるかと思いきや、ガッツリ嵌っているので手こずりました。
この位のパーツになると、そろそろ視力が怪しいのですよ。
噛み合ってる部分がクリアーパーツ同士だと境目が見えない。
やだねぇ、老眼。(笑)

やっと外れたボディパーツの裏に、穴開け用の凹みを発見。
ktsIMG_0342.JPG
サクサクッと空けちゃいましょうか。
1mmのドリル・・・が無いですね。
意外です。
前後のサイズがありながら、1mmなどという超メジャーなサイズがありませんでした。
無くても30年問題にならなかったんでしょうか。

仕方がないので1.5mmで貫通寸線まで空け、なんちゃって1mmの穴を造形しました。
ktsIMG_0343.JPG
手前が装着状態。
まあ、無いより良いですね。
実車見たこと無いので無くても違和感はないのですが。
ktsIMG_0345.JPG
というわけで完成です。
ディテールのちょっとした差が結構効きますね。
少なくともパンタグラフだけは要交換でしょう。

本線に置いてみました。
ktsIMG_0346.JPG
おお、良い感じ。
早速走らせたいところですが、本線は現在大規模改修中で走れません。
後日のお楽しみです。

私のやる気スイッチ!
ポチッとおねがいします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ



posted by こたちゃん at 21:00 | Comment(0) | 電車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最後にポチッ 右斜め上 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへと押していただけると
気合いが入ります!わーい(嬉しい顔)
にほんブログ村