....ポチッ 右斜め上 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへと押していただけると
気合いが入ります!わーい(嬉しい顔)
にほんブログ村
2015年09月30日

木を植えた男 その9(桜花弁篇)

泣いても笑っても年度上期終了です。
時の流れは速いですね。
仕事の進捗は順調ですが、趣味の進捗は遅れまくりです。

桜の季節と半年ずれて、桜の木を作る。
実物を観ての照らし合わせが出来ないのが辛いところ。

さて、幹と枝は準備出来たとして、をどうするか。

前にも書きましたが、桜の木を作る上で参考にさせていただいたのが、「HSSの工作ブログ」の「桜の作製法(Nゲージ用)」という記事。

真似ます。
全部ではないですけどね。

まずは材料であるメラニンスポンジ
ktsDSC_5009.JPG
100均で買いました。
塗料瓶2つ分ほどの大きさに予め小分けカットされています。(写真右)
これを小さくちぎっていきます。
小豆ほどの大きさが理想でしたが、大豆ほどの大きさになっています。
小分けカット1個分で塗料用6個パックケースの蓋一杯になります。(写真中央)

着色はキャラクターフレッシュ(2)とつや消しホワイトをまずは半々で。
ktsDSC_5010.JPG
・・・すが。
かなり濃かったので、更につや消しホワイトで半分に。
ktsDSC_5012.JPG
薄め液でざっくり3倍希釈にして完成。

これを先ほどちぎったメラニンスポンジと混ぜますが、浸すほど作っているわけではありません。
なのでゴム手袋をした手で揉みます。
ktsDSC_5013.JPG
ギュッと握って浸った部分とまだ滲みていない部分を馴染ませますと、そのうち均等になります。
ktsDSC_5015.JPG
ひとまず様子見でスポンジ1個分を。

ラッカー系だから早く乾くだろうと、これで3時間ほど乾燥のため放置するつもりが、3日間手を付けられず。
ktsIMG_0781.JPG
すっかり乾きました。
ktsIMG_0782.JPG
色具合はなかなか良さそうです。

次は細かくします。
ktsDSC_5028.JPG
すり鉢とすり棒。
100均にあれば良かったのですが、残念ながら見つけられず、スーパーで調達。
鉢はともかく棒がけっこういいお値段。orz

最初は全然棒に絡んでくれないので、押し潰すようにします。
ktsDSC_5031.JPG
だんだん固まってくるので徐々に回すように擦ります。
最初はなかなか擦れませんが、あるところから一気に擦れ始め、調子に乗っていると粉々になります。
ktsDSC_5032.JPG
粉々になりました。
かなり細かいです。
やり過ぎではないかと。
ここまで細かいと、ちょっと盛りづらいですね。
2回に分けたので、2回目は粉々になる手前でストップしました。
ktsDSC_5033.JPG
最初のメラニンスポンジ0.5個分でこんなもんです。
ちょっと寂しい量ですね。

いい色合いです。
既製品と色を比較しましょう。
ktsDSC_5034.JPG
左は画材屋や模型店で売っている光栄堂のピンクスポンジ(薄い方)です。
これの色があまりにも単調に見えて今回自分で色を付けてみたわけです。

色の具合はかなりリアルに見えます
リアル過ぎて暗い色調にならないか、少々不安です。
そして、とにかく量が足らない感じです。

追加で作らないとダメですね。

私のやる気スイッチ!
ポチッとおねがいします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

posted by こたちゃん at 22:00 | Comment(0) | 動植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年09月28日

木を植えた男 その8(電線幹篇)

運動会の疲れが抜けず、惰性で過ごしています。
競技に出たわけではありませんが。
体力の低下が大問題ですが、インドア趣味を爆走します。

さて。
桜の幹はKATO+オランダドライフラワーで攻めますが、王道の電線捻り量産しなくてはいけません。
ktsDSC_4992.JPG
ハンダ幹の問題。
ヤニ排除からの塗装という流れのつもりでしたが、このヤニが意外とクセモノでして。ktsIMG_0591.JPG
加工前の電線も少々べと付いていましたので、まとめて洗浄を試みました。
写真はブレーキクリーナーで試みたところ。

結局、綺麗には取れず。
面倒なので、このまま作業を進めます。

ひたすら、捩って幹から枝を作ります。
作り方。
ktsDSC_4996.JPG
纏まった線を解して下の写真のように平たくします。
ktsDSC_4997.JPG
二つに分けます。
ktsDSC_4999.JPG
分けるバランスは適当で。

分けて本数の少ない方を捩って横へ伸ばす
太い方は上へ伸ばしながら捩って、また2つに分ける。
これを繰り返します。
ktsDSC_5003.JPG
だんだん本数が減って、最後2〜3本はそのまま開いて枝分かれに。
ktsDSC_5004.JPG
ざっくりと広葉樹の幹と枝が形成されていますね。
この辺はあんまり難しく考えなくても、やってるうちにそれっぽくなります。

案ずるより産むが易し。
次々と作っていきます。
ktsIMG_0592.JPG
大きく拡がるものもあれば、スリムに上へ延びるようなものまで、いろいろと作ってみました。

電線は55〜75mmあたりで適当にしてましたが、根元10mmはハンダ付けしていますし、ここは埋まってしまう予定なので、なんだかんだで背丈は40〜50mm程度です。

試作と同様、マットメディウムに串カツの如くどぶ漬けにし、表面を覆ってしまいます。
ktsIMG_0599.JPG
良い感じです。

ハンダでガチガチに固めたVerも含め、この方法で覆いました。
ktsIMG_0601.JPG
ちょうど垂れた根本付近にマットメディウム溜りが出来て、まるで根の如く。

塗装は桜同様、というか桜と同時に塗りはじめました。

が。
こういう細いものをエアブラシで塗るというのは非効率極まりないのです。
殆どの塗料がまとわり付くことなく排気ダクトに吸われていきます。

なので、大半は筆塗りで仕上げました。
塗装前。
ktsIMG_0756.JPG
塗装後。
ktsIMG_0757.JPG
充分リアルなんですけどねぇ。
色を重ねるか、こちらも悩ましい所です。

私のやる気スイッチ!
ポチッとおねがいします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

posted by こたちゃん at 21:00 | Comment(2) | 動植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年09月27日

木を植えた男 その7 (桜塗装篇)

昨今は運動会シーズンというのもばらつきがあるようですが、我が家も第一弾を終えました。
早朝からの場所取りで、運動会が始まる前に消耗戦。
これがあと何年・・・嗚呼、つらいです。

さて。
前回は桜の幹に枝を貼っていく地味な作業をサラッとお伝えしましたが。
サラッと伝えつつ、1本当たり20分位掛っています。
ktsIMG_0746.JPG
手慣れてくればスピードは上がるはずなのですが、慣れた分凝ってきてだんだん枝ぶりに妙な拘りを持たせ、結局スピードが上がらない。
その上、混ぜ込んだらどれがどれだかわからない。
無駄なクオリティーコントロール。(爆)

幹はKATOのキットですが、バリ取り等の下処理をして、枝が多すぎるものは間引いています。
細かい枝の分岐はオランダドライフラワー側にお任せ。

次に塗装です。
全体を木の色に塗るわけですが。
ktsIMG_0755.JPG
エアブラシで塗る前後の比較。

当初、Mr.カラーのマホガニーを塗ろうと試し塗りをしたのですが、オランダドライフラワーは地色が明るく思っていた以上に白っぽくなってしまいました。
ちなみにこれが色見本。
ktsIMG_0642.JPG
時期が花の季節ではないですが。
葉が陽を遮るので、結構色が濃いというか、焦げ茶に近い色に見えます。
そんなわけで、調色しながら塗っていきました。

最終的にはマホガニーとつや消し黒が6:4位で調節しています。
あ、それにフラットベースも少々混ぜてつや消しを徹底(・・・出来てませんが)。

調色しつつ、重ね塗りをしつつで、そこそこな色加減になったと思います。
ktsIMG_0758.JPG
って、写真は難しいですね。
こういう構図だと微妙な色加減がさっぱり伝わらない。(笑)

アップで。

ktsIMG_0759.JPG
やっぱり伝わらないですね・・・。

これに更に色を重ねるか、ちょっと悩み所です。
私の老朽化した眼ではこれでも充分にリアルに見えますが・・・。

私のやる気スイッチ!
ポチッとおねがいします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

posted by こたちゃん at 21:00 | Comment(0) | 動植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最後にポチッ 右斜め上 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへと押していただけると
気合いが入ります!わーい(嬉しい顔)
にほんブログ村