....ポチッ 右斜め上 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへと押していただけると
気合いが入ります!わーい(嬉しい顔)
にほんブログ村
2016年07月22日

不動の「C62 18号機」をメンテナンス

息子様のピアノコンクール予選がありました。
って文字で書きますと何やら凄いセレブ感が漂いますが、大ホールで高級ピアノ弾けるなんて滅多に無い機会なので申し込んだだけです。
行ってみたら凄まじく、「これがお子様の本気モードピアノバトルか!」と面食らったのですが、何故かめでたく予選突破してしまいました。
この夏は「のだめカンタービレ」を読み返そうかと思います。

さて。
不動車を蘇らせて走らせるのは車においては慣れっこなのですが、悪い癖として鉄道模型にも適用してしまうことがあります。
ktsIMG_4245.JPG
KATOの「C62 18号機」。
東海形の発売時期にはNゲージ休眠期間で、たまたま特定機では無い「東海形」はディスプレイ用に買っていたのですが、「18号機」は買いそびれていました。
中古は結構いいお値段がします。
が、たまたま見つけてしまった不動機を手に入れてしまいました。

さあ、どこがダメなのかとチェックしたところ、普通に走ってしまいました。(笑)
これで終わればラッキーだったのですが、残念ながらスローでたまに止まってしまいます。
ktsIMG_4246.JPG
世の中、そんなに甘くない。
ライトは点灯しているので、駆動系のようです。

新C62の上物はまだ分解したことが無かったので、分解してみました。
ktsIMG_4247.JPG
手順は例の蒸気神サイトを参考に。
これ、自力だけでは無理。

この状態で、動きを見るには良い道具があります。
ktsIMG_4248.JPG
津川のクリーナー「ソフト君」。
これでどの辺で止まってしまうかを観察します。
ktsIMG_4254.JPG
すると、殆ど写真の位置で止まってしまいます。
動輪がいつも同じ向きで止まる場合は、駆動系のファイナルギア以降の問題。

ひとまず、ギア回りを注油ついでにチェック。
ktsIMG_4258.JPG
特に異物の混入は無く、ギアでは無いようです。
あとは蒸気ではおなじみのロッド干渉を疑います。

よくよく観察してみると、ロッド回りの遊びが大きく、それはシリンダー回りまで含んで結構大きい。
ktsIMG_4268.JPG

精神衛生上宜しくないので、シリンダーは内側にガタで動かないよう、ゴム系接着剤で動きを固定。

それでもまだ不具合が収まりません。
ktsIMG_4259.JPG
ロッド類の干渉が無いか、再度チェックしますと、当たり音が確認出来ました。
ktsIMG_4269.JPG
そこはどこなのかと眺めていたら、見つけました。
メインロッドとコネクティングロッド下端エキセントリックロッド前端が当たっています。
止まってしまう位置もそこと合致しました。
というのを写真に撮りたかったのですが、iPhoneの接写は難しい。

ピンの飛び出しが大きいわけでもなく、走行状態でたまに干渉方向に動いて引っかかってしまうようです。
左右のアライメントを比較すると片側のみがそのような動きをします。
エキセントリックロッド(第二動輪から細く伸びてるアレ)を少し反らせてロッド類の遊びを調整してみたところ、ほぼ当たらなくなりました。
ktsIMG_4271.JPG
快調に回ります。

本線上でも一度も止まらずに走るようになりました。
ktsIMG_4308.JPG
今回はちゃんと走るようになったから良いようなものですが、中古相場の約半値、せいぜい浮かせても数千円です。
スキルアップには繋がりますが、不動車の買い漁りがお得とは言いがたいので他人様へお勧めはしません。
が、直った時の満足感はちょっと中毒性がありますね〜。

私のやる気スイッチ!
ポチッとおねがいします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

posted by こたちゃん at 00:00 | Comment(2) | 機関車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年07月18日

マルチプルタイタンパー耐性を問う

通っているミュージックスクールの発表会がありました。
私はスクールの最古参生徒ですが、通常の3倍のスピードで上達が遅く、酷い有様です。
そして本番に弱い私がやらかしたことは、想定に範囲内なので笑って誤魔化します。

さて。
なにやらずいぶん前に発売予定だったものが、やっと発売になりました。

GM 4709「マルチプルタイタンパー 09-16 プラッサー&トイラー純正色 (動力付き)」と、
GM 4710「マルチプルタイタンパー 09-16 東鉄工業色 (動力付き)」の入線です。
ktsIMG_4197.JPG
メーカーサイトによれば、クオリティの問題で先延ばしにされていたようです。
そんな情報の後に現物を見ず予約も危なっかしいので、現物を確認してから購入。

見た目は・・・なかなか良い感じではないかと。
ちょいと足回りに粗っぽさを感じますが、そこは目を瞑りましょうか。

走行チェックで若干不安を抱える走りでしたので、店頭買いは正解だったかな。
他の方のチェックなどを見つつ、ちゃんと走ることを確認してからのお買い上げ。
ktsIMG_4188.JPG
ローギアでゆっくり走ります。
たしか予告の機能説明には無かった筈ですが、室内灯が付いています。
ktsIMG_4156.JPG

これが走るのは基本的に夜ですから、照明は欲しいですよね。
よく見ると、タイタンパーのあのメカメカしい部分にも若干明かりがありますが、常点灯レベルでは確認が難しいレベル。
ktsIMG_4157.JPG

防音シャッターは上下動可能。
ktsIMG_4196.JPG
ドローバーは観賞用のショートタイプと、走行用のロングタイプが入っています。
ktsIMG_4160.JPG
R280はショートタイプで走れています。

家で走らせてみると残念ながら集電がシビア。
走行にはレールをよく掃除しておくことは大前提ですね。
しかも車体が軽いので、トラクションがかなり悪く、ゆっくり勾配を上ろうとすると滑ります。
後は組み付け時の不具合と思われる不動報告もあるようです。
各自、創意工夫の余地ありです。

とはいえ。
まさかの自走マルチプルタイタンパー発売でしたが、レイアウトの片隅に良いアクセントになります。
ただ・・・我がレイアウトには置いておく片隅が無いのです、むむむ。(爆)

私のやる気スイッチ!
ポチッとおねがいします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

posted by こたちゃん at 15:20 | Comment(0) | 車両全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年07月13日

ヱヴァ対ヱヴァ 〜新幹線の選択を〜

参院選も終わり、都民では無いのでやや穏やかな日常が戻ったところです。
なんと申しましょうか、選択というのは辛いものですねぇ。

さて。
KATOが満を期して登場させるヱヴァ新幹線「500 TYPE EVA」

そして、突如Tomixからも発表されるヱヴァ新幹線「500 TYPE EVA」

「KATO50周年 vs トミックス40周年」
「エヴァンゲリオン vs エヴァンゲリオン」
という・・・。
それ誰得なの?(笑)

ちなみに、アニメの中でもエヴァンゲリオン同士が戦う話があります。

KATOが自信を持って塗装での苦労話を前面に出しながら、車両は7000番台を起こす気になってないところに全く煮えきらなさがあったところでのTomix。
もちろんTomixはベースを実車と同じ編成で仕立てるわけですが、果たしてKATOを超える塗装クオリティを期待して良いのかという不安もあったりします。

とりあえず東京に買いに行けば8月には手にできるであろうKATO製にするか、限定販売とはいえ模型店で予約出来るTomix製で来年まで待つのか、悩ましい選択です。

両方買え!?
いやいやいや・・・。


私のやる気スイッチ!
ポチッとおねがいします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

posted by こたちゃん at 22:30 | Comment(0) | 電車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最後にポチッ 右斜め上 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへと押していただけると
気合いが入ります!わーい(嬉しい顔)
にほんブログ村