....ポチッ 右斜め上 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへと押していただけると
気合いが入ります!わーい(嬉しい顔)
にほんブログ村
2016年08月04日

あのコンテナを作る(後編)

娘様が夏風邪をこじらせて、今日は仕事を休んで看病休暇です。
看病休暇といってもそこそこ元気なので遊んでるのを監視してるだけですが。

さて。
前回デカールの仕上がりで失敗した某宅配コンテナ。
手直しはそこそこ上手く行きましたが、張っているより直している時間の方が全然長いという、対策をせずにはいられない状況でした。

ということで、後半戦は手順を変えます。

まずは塗装表面の問題。
これはもう単純にツヤありクリアを吹いて表面を均すのが手っ取り早いようです。
ktsIMG_4442.JPG
なので、残りのコンテナは全てクリアを吹いてテカテカにしておきました。

これもまぁ、言うのは簡単なんですが、そもそもクリアの光沢仕様でエアブラシを吹くのが初めてで。
カーモデルのノウハウを参考に、垂れない程度に盛る塗り方を探りました。
ただクリアだから見えないんですよ。(爆)

試行錯誤しているうちに用意していたコンテナは全部塗ってしまいました。

デカールの作業に移ります。
ktsIMG_4445.JPG
凹凸の激しいこちらのタイプを最後に持ってきましたが、先の改善がかなり効いているようで、綺麗に張り付きます。
ちょっと感動ものです。
ktsIMG_4449.JPG
どうでしょう、シルバリングらしき痕跡はありません。
若干気泡がありますが、それは地味に潰して対処します。

最初からこの手順でやりたかったですねぇ。
ktsIMG_4426.JPG
このあとクリアを吹いて表面を保護します。
ツヤの具合はこの時点で管理できます。

仕上げに水性を吹いてしまうとその後のラッカー系塗料による修正は出来ません。
ラッカー系で仕上げを吹くとデカールが溶ける可能性があるので、特に私のようなビギナーにはハイリスク。
きちんと調整してから水性で覆うのが無難なようです。
定番はクレオスのトップコート。
光沢、半光沢、ツヤ消しの3種類です。
ktsIMG_4507.JPG
鉄道模型であれば基本半光沢、貨車であればつや消しが良いと思うのですが、今回はあえて光沢仕上げにしてみました。
ktsIMG_4492.JPG
テッカテカ!
シルバリングの粗隠し対策です。(笑)

色合いも、結果的には良い感じに仕上がりました。
ktsIMG_4493.JPG
右手前がGMカラーNo.36を塗ったままの状態で、左がトップコート済み。
奥は他人様が作った調色明細不明のもの。

それでは早速、コキに載せましょう。
ktsIMG_4496.JPG
作ったのは5種類5個ずつで計25個の13両分。
牽引機もこの日のためにTomix「EF210 100 シングルアーム仕様」を用意しました。

なお、端数は手持ちのクール仕様を1個足しておきました。
ktsIMG_4501.JPG
って言いましても、そもそもコキが足りないのでTomix「JR貨物 コキ102・103形貨車 コンテナなし 4両セット」を買い足して対応。
実際に載せてた時期あるんでしょうか?
ネットの写真を見てると「コキ104」以降しか見当たりませんでした。
再販される「コキ106形」が出たら入れ替えますかね。
ktsIMG_4506.JPG
最後尾だけTomix「コキ106形 テールライト付き」です。

そんなこんなで完成です。
構想から完成まで1年も掛かってしまいました。

私のやる気スイッチ!
ポチッとおねがいします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ






posted by こたちゃん at 10:30 | Comment(2) | 貨車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最後にポチッ 右斜め上 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへと押していただけると
気合いが入ります!わーい(嬉しい顔)
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。