....ポチッ 右斜め上 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへと押していただけると
気合いが入ります!わーい(嬉しい顔)
にほんブログ村
2016年01月05日

エアーコンプレッサー更新

新春セールがクリスマスセールの売れ残りだったこと、ありませんか?
そして、それまで売れてなかったのが何故か正月早々売り切れる。
目の前で狙ってた獲物を逃しました・・・。
迷ったら買いましょう。

さて。
年末から年始に掛け、息子様のラジコン戦車を塗装するというミッションをこなしていたわけですが、昨年不満だった部分がもろに露呈しました。

とにかくうるさい。

使用しているのはTamTamオリジナルの「タムコンフレア」。
ktsIMG_8050.JPG
OEMですから同じようなのが別ブランドでも売ってます。
これ、入門用として全く噴霧性能には不満がありません。

ただ、音がでかい。

簡易ですがiPhoneアプリで測ると約66dB。
ktsIMG_1670.PNG
このアプリ、ボタン音拾うのでMaxが大きくなるなぁ。
(以下写真は略。)

目の前の66dBはうるさいです。

そこで、塗装ブースのあるガレージにはクルマ整備用のエアコンプレッサーがあるので、これを用いる。
が、こちらは更に盛大で80dBを越えます。
これは目の前でなくてもかなりうるさい。
但し、エアタンクにエアが溜まっているうちは止まっているので、塗装でも多用しています。

んじゃぁ、エアブラシ用のコンプレッサーでも買うかと検討していた所、最近のクルマ整備用コンプレッサーの静音タイプがメチャ静かだという事を、TamTam相模原店の1階に出来たアストロプロダクツで確認。
しかもオイルレスなので、エアにオイルが混じる事がありません。

それが欲しかったのですが、残念ながらセール期間を逃したので同じようなコンプレッサーを購入。
ktsIMG_1667.JPG
これが作動時で約65dB
タムコンとほぼ同等!

しかも実際には設置場所から離れるので、塗装ブースだと59dB位まで落ちます。
ちなみに、タミヤのツインファンの塗装ブースが出す騒音が55dB程度です。

もう劇的に環境改善です。

ということで、古いコンプレッサーは余剰パーツもろとも欲しい人にドナドナされて行きました。
ktsIMG_1674.JPG

さようなら〜。

新しいオイルレスの静音タイプ、説明書を見たら・・・ほほう、この構造でオイルレスか。
耐久性は厳しいかもなぁ・・・。

私のやる気スイッチ!
ポチッとおねがいします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

posted by こたちゃん at 16:00 | Comment(2) | 塗装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年07月03日

コンクリ風擁壁を作る その2(塗装篇)

7月です。今年も半分が終わってしまいます。
海の波には乗れませんので、塗装の波に乗ってどんどん行きます。

コンクリ風の擁壁
ktsDSC_4204.JPG
前回の日記から結構間が空きましたね。

ここも線路の本設置に向けて位置の微調整が入りますが、少なくとも作り直しは無さそうなので塗装に入ります。
ktsDSC_4569.JPG
長すぎるので左右2分割にしていますが、さらに表裏2枚重ねの構造です。

まずは1枚目、切り抜いた切断面部分を塗ります。
ktsDSC_4571.JPG
裏返して、斜めに吹きますので、塗料は裏面と縁に付着しますが、表には回り込みません。
ktsDSC_4573.JPG
わかります?
ktsDSC_4575.JPG
2枚を重ねると、こんな風に見えます。
切り口部分に塗った黒のため陰が強調されるわけです。
このままでもシュールで面白い絵面ですが、ちゃんと塗ります。

奥側になる2枚目の方には、その側面上の方だけにつや消し黒で塗ります。
ktsDSC_4576.JPG
これも2枚重ねてみましょう。
ktsDSC_4577.JPG
こんな具合。
ここから薄くグレーを吹けば、かなり立体的に見えるはずです。

が。
塗っているうちにどんどん濃くなり。
ktsDSC_4578.JPG
ややのっぺり。
ktsDSC_4579.JPG
そこでやめておけば良かったのですが。
ktsDSC_4581.JPG
1枚目はムラをもう少し作ろうと重ね塗りしていたら、ちょっと濃くなりすぎ。

手前にある柱の方が濃い。これは不自然
一晩考えましたが、塗り直し決定。

2枚重ねの1枚目は一旦薄めのグレー(クオリス317番)で塗り、その後つや消し黒をまぶしておきました。
2枚目は奥のコンクリを濃くして陰グラデーションも強めにしてみました。
ktsIMG_9061.JPG
写真下の細い2本は塗り忘れてたプチ擁壁。
ついでに塗ります。
こっちは植物を植えて陰にしてしまう予定なので適当。

ここで汚し作業に入ります。
橋脚はほぼエアブラシの塗装だけで済ませましたが、ここではクロッキー用のコンテチョークを使います。
ktsIMG_9062.JPG
タミヤのウェザリングでも良かったのですが、狙った色と微妙に違う感じなので買ってきました。
30年前に使っていた残りは先日捨てたばかり。

茶色のチョークでほんのりと錆色を加えます。
ktsIMG_9063.JPG
ほぼチョークの重みだけで撫でている感じ。
次にコンクリの継ぎ目表現。
ktsIMG_9064.JPG
あ、写真逆さまか。

チョークのペンシル版が売っていました。
これもペンシルの重さだけで撫でるように薄く線を描きます。

するとこんな感じに。
ktsIMG_9066.JPG
茶色は言われなければ気が付かない程度ですね。
でもこれだけでただのグレーっぽくは見えないんです。
写真だとわかりづらいですが。

継ぎ目の線は・・・なくても良かったかな。(ぉぃ

所定の位置に戻してみます。
ktsIMG_9071.JPG
良い雰囲気です。
この影付けはウソの影であり、実際に付くはずの影とは全然違うんですが、人の目がいい加減なのかそれっぽく見えます
こういうデフォルメがないと光源が散っている室内ではコントラストが弱くて雰囲気が出ないんですよねぇ。

やり直して正解でした。
こういうのは習うより慣れろの精神で、場数踏むしか無さそうです。
慣れた頃にはレイアウト完成?

あ、そうそう、今回のレイアウトは2015年6月末完成予定で着工しました。
あ、過ぎちゃいましたね。(笑)

ってか、年内に終わる気すらしなくなってきました。

私のやる気スイッチ!
ポチッとおねがいします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

posted by こたちゃん at 21:00 | Comment(0) | 塗装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年06月30日

レンガ橋脚の塗装

コンクリート橋脚の塗装は上手く行きました。
次はレンガ橋脚です。

と言っても、あんまり実物をじっくり観た事がない。
毎度おなじみ、画像ググってホンモノを見てみましょう。

ふむふむ。

そもそも、レンガ橋脚そのものがかなり古い世界のお話なんですね。
あぁ、たしかにそんな気がする。

いっそ、コンクリ橋脚に換えてしまうというのもありなんでしょうが。
でも、レンガの方が良いよねぇ。

今回設置する単線部分は、脳内妄想では旧本線であり、開通はかなり古いとなっております。
ということで、適当に理由をつけてレンガで行くとして、だ。

橋が乗っかる部分はなんとかしたい。

ホンモノは写真で見る限り、ガーター橋はそのままドンと橋脚に乗っかっています。
トラスやレンガ橋脚ではないガーター橋ではヒンジのような部品が付いています。
大きい複線曲弦トラスの方はその部品が本体にあります。

どうしますかねぇ。
ktsIMG_9055.JPG
手始めに上面を木粉粘土で埋めてみました。
その上からコンクリート橋脚で塗ったグレーの余りを塗り塗り。

上面はきっとコンクリだろうと。

レンガは何色か。
いかにもレンガそのものの色というのは、これより明るい色が多いような。
諸先輩方の作例でも、結構色が明るい。
しかし、今回の場合、鉄橋の色がかなり暗めになったので、ここを明るくしてしまうと浮きますね。

鉄橋の塗装で使ったマホガニー色のサフを塗ってしまします。
そして、レンガの目地。
ここはモルタル色が正解のような気がします。
そこで、最近発売になったタミヤのスミ入れ塗料(グレイ)を試してみる事に。
ktsIMG_9057.JPG
墨入れも、トラウマなんですよ。
子供の頃、これが上手く行かず、鉄道に限らず模型製作で失敗を重ね、以降禁じ手として封印しました。

今はわざわざ調合済みで売っているんですから、少なくとも濃度のミスは心配しなくて良いんでしょう。
そしたらですよ。
ktsDSC_4564.JPG
ふたに付いていた面相筆でサーッと溝の中を拡がって行くではありませんか。
あまりにも呆気なく塗れる。
なんという便利な世の中なのだ。
ktsDSC_4567.JPG
全部塗って乾燥待ち。

そして、溶剤を染みこませたキムワイプでこすり取ります。
ktsDSC_4568.JPG
う〜〜〜〜ん?
あんまり綺麗な感じはしませんが。

その後、もう少し色を足すかと、レッドブラウン、つや消しレッドを軽く吹いておきました。
微妙すぎて写真では全くわからなかったので省略。

今回はちょっと狙った通りには行きませんでしたね。
レンガ橋脚はミスって余分に買ってしまったので、もう少し腕が上達してから差し替えるかも知れません。

私のやる気スイッチ!
ポチッとおねがいします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

posted by こたちゃん at 21:00 | Comment(0) | 塗装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最後にポチッ 右斜め上 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへと押していただけると
気合いが入ります!わーい(嬉しい顔)
にほんブログ村