....ポチッ 右斜め上 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへと押していただけると
気合いが入ります!わーい(嬉しい顔)
にほんブログ村
2017年02月08日

ScaleTrains「UNION PACIFIC GTEL 8500 Horsepower“Big Blow”Turbine」入線

トランプ大統領が「アメ車売れないのはジャパンが悪い」と騒いでいます。
最近のアメ車は出来が良いですが、フォードは撤退しちゃったばかりですし売る気あるのかと。
またトヨタがキャバリエを売れば良いんでしょうか。
ナイト2000だったら考えますよ。

さて。
アメリカの機関車史を辿っていますと、何故今模型で売ってないのか不思議な車両というのがあります。
これも売ってなかったよねぇ・・・って事でしたが、とうとう発売されてしまいました。
ktsIMG_8586.JPG
ScaleTrains「GTEL 8500 Horsepower "Big Blow" Turbine, Union Pacific #18」の入線です。
相変わらず製品名が長い・・・。

蒸気機関車からディーゼル機関車に移り変わる過渡期、アメリカに限らずガスタービンエンジンの搭載が検討されていましたが、本機は実際にアメリカで量産デビュー出来てしまいました。

名前の通り8500馬力を誇るこの機関車が試作機として登場したのが1948年。
以降しっかり量産化されましたが、やはりガスタービン故のやかましさで早々に田舎へ追いやられているようです。
日本では遙か後年の1972年にキハ391系が試作され・・・それっきりですね。

どんな感じか。
久しぶりの動画でご覧ください。


家の横をこんなにウルサイのが走ってたら怒ります。(笑)

燃費の悪さは安い重油燃料で帳尻を合わせていたようですが、その後の高騰でそのメリットも消え、引退。
そんな不遇な機関車ですが、この度「Scale Trains」という、今まで貨車とかコンテナばかり売っていたメーカーが突然本気出してこれを製品化しました。

事前の情報が殆ど無く不安でしたが、思いきってみた甲斐がありました。

先頭の制御車両には補助のディーゼルエンジンが搭載されています。
ktsIMG_8590.JPG
DCC車両はこちらからホーンや補機類の音が。
手摺とか梯子、見えます?

ガスタービン搭載車両。
ktsIMG_8589.JPG
DCC車はこちらからガスタービンの音が出てきます。

タービンも見える範囲で造形されています。
ktsIMG_8593.JPG
殆ど見えませんが・・・。

燃料車。
ktsIMG_8588.JPG
蒸気機関車からの転用だったようで、いくつか種類があるようです。

ま〜とにかく造形が細かい
ktsIMG_8594.JPG
ここまで細かいと転覆しただけで折れそうで怖い。
この作り込み感はKATOと張り合えるどころか、超えているかも。
ktsIMG_8595.JPG
50年代、懐かしのアメリカ型のお顔です。

走りも滑らかで車重もとことん重く、動力は2両に入っているのでけっこう牽引力もありそうです。
DCC無しも売っているのですが、タービン音があってこその機関車という感じもあるのでDCCで正解でした。

私のやる気スイッチ!
ポチッとおねがいします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

posted by こたちゃん at 19:00 | Comment(2) | 外国車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年01月25日

車両ケースの中身で沼へ誘導する件

アメリカの大統領が交代しました。
私の生活にどのような影響が出るのかわかりませんが、個人的にはアメリカからいろいろモノを買っているのでお手柔らかにお願いします。

さて。
いつもコメントをいただく「ぶ」さんがこの度アメリカ型の「沼師匠」に大出世されました。

今煽らなければいつ煽るのかというタイミングです。
なので中身がよくわからなかった車両ケースの中身、晒しておきましょう。
なお、インデックスラベルは誤字修正の上いくつあるのか明確にするために番号も付加しておきました。
ktsIMG_8454.JPG
ということで、現状アメリカ型貨車はある程度このケースに収まっています。

中身。
ktsIMG_8453.JPG
実のところ、こうやって全部開けてみてビックリしているんです。

こんなに持ってたっけ?(爆)
チリも積もればなんとやら。

左上は主に「ビッグボーイ」に牽かせるために買った貨車。
年代的にドンピシャなのは「さかつう鉄道模型」さんを訪れ店長さんに厳選していただきました。
カブースはなかなか見つからず、わざわざeBayで個人売買というハイリスクで買ってみました。
なかなか無いんですよねぇ、古いユニオン・パシフィックのカブース。

左下は主に昨年までにアメリカの模型屋から通販で購入した、70〜90年代位の貨車です。
ディーゼルに牽かせるには良い感じです。

右はヤフオクや中古店で買い集めたものですが、年代はいろいろ。
かなり古い製品も混じっています。

これ以外にもプラケースに入ったままの車両が10両ほどあるので、年代を無視すればけっこうな長編成は可能です。
但し、我が家の勾配有りレイアウトにおいては機関車1両では到底牽ききれません。

機関車も気が付けば大所帯になってきているので、整理しないといけません。
ktsIMG_2069.JPG
今回はいつの間にか増えているムカデさんチームを紹介し忘れていたので貼っておきます。

私のやる気スイッチ!
ポチッとおねがいします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

posted by こたちゃん at 00:00 | Comment(2) | 外国車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年10月23日

「エアロトレイン」を太らせる件

ポケモンGOのおかげで、多少は運動量が増えていると思っていたのですが、残念ながら腹回りは微増になっているようで、これまでであれば問題が無かったシャツがピチピチです。
非常に厳しいのは、特に試着もせずに買ったシャツがそこそこ買い溜めしてあり、着られないのが数点あるようで。
常に情報は更新しておかなくてはいけませんね。
単に痩せろって話に過ぎない事ですが。

さて。
前回どうにも脱線を克服出来ずにおりました。
その続き。

昨今の通販スピードは恐ろしいもので、鉛ウエイト無いじゃん、からの、届くまでが24時間以内ですよ。
なお、そこから作業に取りかかるまでは48時間以上です。(爆)
毎晩作業が出来てればとっくの昔にレイアウトは完成しているわけで。

ということで、鉛ウエイトを仕込みます。
ktsIMG_6449.JPG
前回、ウエイト足らないんじゃね?
という話を少し定量化しておきます。

ノーマルの重量が14g。
ktsIMG_6450.JPG
ウエイト増し後が21gです。
ktsIMG_6451.JPG
なお、わりと適当に入れているので各車両でばらつきはあります。

また、最後尾の展望車だけ説明書通りに2枚のウエイトがありました。
ktsIMG_6452.JPG
だったら各車両に入れておけばいいのに・・・。
って、その理由は後で判明しますが。
ここも推定3gほど足しておきました。

これまでの反省を元に、1両ずつボディを被せてからの試走です。
何か問題があればそこで手直しは出来るだろうと。

結果。
ktsIMG_6467.JPG
1周走りきってしまいました。
いや、それで良いんですが。
ちょっと肩すかし。

しかし。
実機同様、上り勾配でスピードがガッツリ落ちます。(笑)
ktsIMG_6470.JPG
まあ、編成で約36g増えてますからね。

つまり、あと3両足して10両編成にするとノーマル時では14g×3両=42g増えるわけです。
7両編成ではパワー不足は感じませんでしたが・・・そういうことですね。
10両編成でちゃんと勾配を上れるようにするには、あんまりウエイトは増やせない。
トラクションタイヤ4つも付いてこれですから、厳しいんでしょう。
各車両に1枚しかウエイトが無いのは、載せたら坂を上らないから、ということで良いかと。

幸い全軸集電ですので、ひじょうに滑らかに給電されて安定した走りを見せます。

が、たまにですが機関車の1軸台車側が脱線するようになりました。
ま、今回は置いておきましょう。
線路の調整で良くなるかもしれませんので。


私のやる気スイッチ!
ポチッとおねがいします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

posted by こたちゃん at 21:30 | Comment(0) | 外国車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最後にポチッ 右斜め上 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへと押していただけると
気合いが入ります!わーい(嬉しい顔)
にほんブログ村